日本政府の強権弾圧は沖縄の現地住民からみれば親米右翼の発揮にしかみえないだろう、辺野古基地移転問題は日本の植民地経営のまずさが戦後生まれの政治家が沖縄を「植民地」と理解できずにいるその認識の悪さが強権弾圧へと向かう。
植民地支配を暴力で行ない続けると、基地集中がそうだ、住民の反発を招き、いつ沖縄がIRA化してもおかしくはないが、そのIRA化を防ぐための日本政府の強権弾圧は基地の所有国のアメリカからみれば当惑させる奇妙な行動なのだ。
というのは強権弾圧をすれば翁長知事とも「正当」に会談を行なうのが「権力手法」なのだ。
そのことが「二枚舌外交?」だ
そして、なぜいくら同盟国だからといってこうも自国の住民を弾圧できるのか、沖縄返還はなんだったのか、とアメリカは疑念を抱かないだろうか。
現地の米軍基地の兵士がこの「騒動」を冷ややかに見てしまうのは、自国の住民を他国の基地のために弾圧してしまう政府とはなんなのか?ではないか。
日本政府は「ナショナリズム」をわかってんの?である。
「プラグマティック」な「アメリカ人」はそう考えるのではないだろうか。
「プラグマティック」な「アメリカ人」からみればいくら「日米安保」に忠義を尽くして基地反対派住民(沖縄全員がそうである)を弾圧しようが、その「忠義」が迷惑でしかない。
なぜなら沖縄では米軍基地に対する反発は米兵暴行で沸点に高まっているのにいままた住民から反発を招くようなことをして日本政府はなにをしたいのか、だ。「植民地支配わかってんのか」だ。
親米右翼はアメリカのCIAからは馬鹿にされていることをここでつけくわえておく、と親切に申し上げておく(笑)


 
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村